一般社団法人国際海洋資源エネルギー利活用推進コンソーシアム

IOESの「ナウル共和国におけるOTEC等の導入に関するPre-FS」プロジェクトへの採択

佐賀大学海洋エネルギー研究センター(IOES)から、海洋温度差発電に関して、次のプレスリリースが発表されました。

佐賀大学海洋エネルギー研究センター(IOES)は、一般社団法人 海外環境協力センター(OECC)とともに、UNFCCC(国連気候変動枠組条約)の技術メカニズムを担うCTCN(気候技術センター・ネットワーク)の事業として、実施機関であるUNIDO(国際連合工業開発機関)による「ナウル共和国における海洋温度差発電等の導入に関するPre-FS(プレ・フィジビリティースタディ)」プロジェクトに採択されました。CTCNのプロジェクトへの採択は、日本の再生可能エネルギー技術(グリーンガス案件以外)としては初となります。

【全文は以下のURLからご覧ください】

https://www.saga-u.ac.jp/koho/press/2021062821985

" 参考情報" の一覧リスト

一般社団法人国際海洋資源エネルギー利活用推進コンソーシアム
〒901-3193
沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地
久米島町役場 プロジェクト推進課 気付
電話:098-985-7141
亀のイラスト
©2015-2021 GOSEA Institute. All rights reserved.