一般社団法人国際海洋資源エネルギー利活用推進コンソーシアム

第7回国際OTECシンポジウムのご報告

去る、2019年9月27・28日、韓国釜山にて第7回国際OTECシンポジウムが開催されました。10ヶ国以上の国から参加者が集まり、最新の技術や研究、プロジェクトについて発表がありました。

二日間に渡り、ルイス・ベガ氏、池上康之氏、マイケル・ピーターソン氏による基調講演をはじめ、20以上の発表があり、ポスターセッションでは、28のポスター発表が展示され、IEA-OESのOTECタスクグループ会議で幕を閉じました。

今年は、韓国船舶・海洋工学研究院(KRISO)と韓国電力システム工学会(KSPSE)が実行委員会として精力的にシンポジウムの運営を行っており、今回の目玉は、韓国海上での実証試験用にバージに設置された、KRISO監修の韓国OTECチームの1mw OTEC設備視察ツアーでした。27日の朝、このバージは沖へと出航し、数日間の初期実証試験を完了しています。

30日にKRISOは、OTECにとって新記録である338kWの発電が実証されたことを報告しました。

次回の第8回国際OTECシンポジウムは、2020年10月22~24日にメキシコのカンクンで開催が予定されています。

" 報告" の一覧リスト

一般社団法人国際海洋資源エネルギー利活用推進コンソーシアム
〒901-3193
沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地
久米島町役場 プロジェクト推進室
電話:098-985-7141
亀のイラスト
©2015-2020 GOSEA Institute. All rights reserved.